初めてのタイ旅行―!! -入国編ー

旅行
スポンサーリンク
ぶー
TKD

こんにちは。はじめまして。今回は出国5日前に決まったタイ旅行について記事にしていきます。

1~2月にかけてテストがあって、その後の再試の日程とで旅行の日程を決められませんでした。いくら勉強をしたとしても、高額なキャンセル料を考えると決済できずにずるずる・・・
僕の頭の中
再試確定→猛勉強    進級確定→楽しい旅行
天と地ほどの差ですから、今回も進級できてよかったです。

前置きはここらにして、今回の旅行を記事にしていきます。今回は直前であったためLCCもレガシーキャリアの航空券の値段に差がなかったのでタイ国際航空を利用しました。

タイ国際航空について

タイ王国のフラッグキャリアで、スターアライアンスの創設メンバーなので、ANAのマイルがたまります。35か国75都市以上に直行便を運航していて、日本からアジア各国に行くときにスワンナプーム国際空港をハブ空港とし利用できます。数少ないA380を運行している会社でもあり1度は使ってみたい航空会社です。今回は、
羽田空港(0時20分発)→スワンナプーム空港(5時25分着)
スワンナプーム空港(22時30分発)→成田空港(6時20分着)
の便に乗りました。                                    機内食についてです。

深夜便でしたので、羽田空港出発後夜食としてサンドイッチが配られました。到着が近くなると上記のような機内食が配られます。味は地上で食べると普通の朝ごはんですが、雲の上で食べるとおいしく感じました。

タイ入国編

入国審査では、少し怖そうな職員が待機していました。写真を撮られて事前に記載した滞在先等を書く入国カードの確認をして終了です。この入国カードですが、半券を帰国するときに再度提出する必要がありますので、注意が必要です。基本入国審査場などは撮影禁止なわけですが、確認するブースの横で記念撮影するのはオッケーらしいです。アジア人観光客が記念撮影の許可をもらっていました!!初めてのタイらしさを感じた瞬間でした。

スワンナプーム空港について

スワンナプーム空港の構造です。                              4階:出国ブース   3階:レストラン  2階:到着口  1階:タクシー乗り場  地下:駅 のようになります。今回はバンコク市内へ鉄道(エアポートリンク)を使いました。駅のある地下にはセブンイレブンや両替屋があります。ここの両替屋で初日の計画を大きく揺るがす事件がおきます。両替の手数料が安いのは、バンコク市内にあるスーパーリッチやスワンナプーム空港の地下一階の駅の横にある両替屋です。このことをよく覚えてください。

24時間営業のセブンイレブンがあります。空港内で数少ない良心的な価格で買えます。

エアポートリンクを走る電車の車両です。2010年に開業したので、車両も新しく近代的でした。座席にクッションがなく硬いのが残念でしたが、30分も乗らずに到着するのでいらないと思います。僧侶のための優先席があり、タイだなぁと感じました。車内アナウンスはタイ語と英語で実施され、降りる駅を聞き取ったり、路線図を見ておけばきちんと降りることができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました