医学部生 テスト期間中のルーティーンからストレス解消法

医学部生の日常
スポンサーリンク

最近流行りの○○ルーティーン。 本ブログでもマネしてみました。

ぶー

医学部生って忙しいと聞くけど実際は・・・?

新入生は、最初の内はさほど大変ではないですが、テストの度に医学部の恐ろしさが如実に表れると思います。

結論から言うと、普段は特段忙しいという訳ではないですが、テスト期間中は異常だと思います。ある論文によると医学生や研修医は7割がうつ病もしくは予備軍との報告も

そんなテスト期間中の医学生の生活を紹介していきたいと思います。

医学部生直伝 テスト期間

一部の大学では24時間図書館が開いていたり、勉強できる場所があったりします。一時期はこのような流れが盛んになりましたが、医学部でも早く寝ようという呼びかけが大学側からされ、朝早く起きるようにという流れがあります。残念ながら勉強しないといけないことは増えるばかりです。

学生の視点から見ると、大学は矛盾しているようにも見えてしまいます・・・

生活スタイルは多くの場合2つに分けられます。友達に聞き取り調査をしました。

 

パターン1

AM5:30 起床
AM6:00 勉強開始
AM7:30 朝食
PM12:30 昼食
PM4:00 軽食
PM7:00 夕食
PM10:00 一旦勉強終了し移動
PM10:15 家orファミレスで勉強
AM0:30 就寝

聞き取りを平均化したので自分とは違うという人も多いと思います。

朝型であるとこのような形が多いと思います。学校の施設で勉強する場合、6時前には行列ができたりしますので、早起きになってしまうのです。家に帰宅後の時間を、余裕がある人は休みにしたりリラックスする時間にしている人もたまにいます。

でも、私は勉強していないと落ち着かないタイプです。テスト勉強とテストは長期戦なので、疲労を考え早く寝ようとするのですが、眠れず結局勉強している日もあります。

 

パターン2

AM8:30 起床
AM9:00 勉強開始
PM12:30 昼食
PM4:00 軽食
PM7:00 夕食
PM10:00 一旦勉強終了し移動
PM10:15 家orファミレスで勉強
AM3:00 就寝

夜型の人の勉強パターンです。テストが近くなると、徹夜をしだしたり、就寝時間がどんどん遅くなっていきます。ショートスリパーと豪語する方に多いです。最初は運動部の男子がこのような生活パターンが多いのかと思っていたのですが、意外と女子に多いのが印象でした。

一方、私はこの行動パターンの最大の欠点は、試験に遅刻してくる人が一定の割合でいることです。

遅刻すると学校やテストの種類によって判断はバラバラですが、
一切の入室を認めない、社会的理由が認められる場合のみ追試、残りの時間のみ本試扱いで入室を認められる場合などがあります。

いままでの努力が水の泡になるのです。

 

最後に紹介するパターンですが、ごくわずかの人が当てはまります。

パターン3

AM8:30 起床
AM9:00 朝食
PM10:00 勉強開始
PM12:30 昼食
PM4:00 勉強終了
PM7:00 夕食
PM8:30 教科書を優雅に少し読む
PM11:30 就寝

成績優秀者にある行動パターンです。勉強スペースから明るい内に出ていく姿、みょーな気分になります。各学校の上位1割や前々から準備してきた学生ならできるかもしれません。

いつか私もそのようになれることを目指して勉強頑張ります。

医学生が考える医学部のカリキュラムを乗り越えられる学生とは?

上記のような生活を私の大学では学年によって最低1か月×3~4回のテスト期間を1年間で経験します。勉強をするだけであるならば、さほど大変なことはありません。

しかし、生徒間の学力が拮抗する環境で、一定の人数が不合格となる、覚えることが多すぎる、再試になるプレッシャーなどの要素が絡み合い一部の学生がメンタルエラーを引き起こします。

このような人は急にテストや再試に来なくなり、音信普通となります。

そのような学生に多いのは、友達が少なく1人で勉強している人です。学習効率だけではなく、メンタル面が弱点と考えられます。

ここまで聞くと、卒業できるか不安になる人もいるかもわかりませんが、大学が設定する入試の合格基準を突破してきた学生であれば、頭脳の側面で不安になる必要はないと思います。

自分が追い込まれた時、メンタルをどのように整えるかが進級のカギとなるでしょう。

泣く子も黙るテスト期間中の医学生の実態

テスト期間中は、学校全体でピリピリしています。

トイレが行列になったり、ソファーで仮眠をとる人、勉強部屋に出前を頼みだす人

キャンパスの雰囲気が変わります。みんなの顔色も何かを感じます・・・

医学部生直伝 ストレス解消法

ストレスたまると人はどうなるのでしょうか?

脳からの指令

内分泌系 :グリコーゲン放出・抗炎症作用
自律神経系:血圧上昇・血管収縮・心拍数増加

体ではこんなことが起きていることを学ぶと余計にストレスが溜まりますが

私はテスト中

なるべく友達と勉強するようにしたり、普段よりおいしいものを食べたりします。

また、テスト終了後楽しい計画をたて、そのために頑張ったりします。             そのため、テスト後日本にいることが私は少ないです。

 

大学生のテストのお供と言えば、モンスターですよね。

私はカフェオレ派ですが、どちらにしてもカフェインの取りすぎには注意してください!!

普段の医学生の様子を知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました