大学生がすき家でバイトをしたメリット・デメリット・学べたこと大公開

医学部生の日常
スポンサーリンク

大学生になってバイトをやってみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

ブラック企業として一時期話題になり、ワンオペやキツイなどという評判がメディアを中心に騒がれました。この記事では私が1年間すき家でのバイト経験から

  • メリット
  • デメリット
  • 1年目の流れ
  • アドバイス

をシェアしたいと思っています。

結論から言うと、医学部生でも運動部と両立しながらバイトすることは可能でした。

すき家で働くメリット

・シフトが自由

私の店舗では2週間ごとに希望するシフトを提出するスタイルでした。ダブルワークをしたい人、忙しい人、部活やサークルがある人で1か月先の予定まで出せないという人でも安心でした。一方シフトの発表がギリギリのマネジャーもいます。注意が必要です。

 

・福利厚生-1

他のサイトでは4時間以上働けば牛丼1杯無料で食べられるという記述を見かけましたが、私の店舗では自分で購入するスタイルでした。値段もほとんどのメニューを自販機で飲み物を買う感覚で購入できました。食費もうかせますし、メニューにない組み合わせを作ることもできます。社員さんが愛するメニューにないレシピも教えてもらえました。

 

・福利厚生ー2

クーポンがもらえる。毎月数枚80円引きのクーポンをもらえます。家族や友達にも配れるので、部員や友達とすき家に行くときにも使え良かったです。牛丼並盛の場合単純に2割引きなのでお得でした。一方友達がすき家に行きたいときに強く誘われるので、バイトでも牛丼、プライベートでも牛丼という結果になりました。

 

・夜勤が可能

大学生ですとなるべくたくさんシフトに入りたいと思う人が多いですよね。ほとんどの店舗で24時間営業ですから、比較的希望者がすくない深夜帯で働くことができます。

 

・時給が高い

最近は同業他社との差も減ってきましたが、多少時給は高いと思います。地域によってもですが、そこまで差がないですから、家からの通勤時間も含めた実質時給で考えることが大切だと思います。時給を上げるならば、塾業界の方が良いと思います。

すき家で働くデメリット

・時間帯によっては大変

お店によって違うと思いますが、特にお昼は混んでいたと思います。ピークの時間帯はとても大変でした。なぜかお客さんが集中する時間があるんですよね。とにかく動く動く動くが続きました。

 

・コックシューズを買う必要がある

私は1800円ほどで購入しました。労災との関係性でAmazonやすき家等で購入する必要があります。お店側で用意してほしいというのが本音です。制服は5000円をまず支払い、辞めるときに戻ってくるシステムです。私は記念にとっておいたので返金はされませんでした。

 

・覚えることが多い

すき家では、ホールとキッチンの両方の仕事をできる必要があります。多くの店舗ではホールから入ることになると思います。覚える仕事がたくさんある割には研修というものはなかったです。初めての飲食店バイトがすき家はヤバいとも言われましたが

 

1年働いてどうだったか?

時系列にそって見ていきます。

・1回目の面接

指定された面接日時に店舗に行きましたが、店舗担当者が急な仕事が入ったと理由で20分待たされた後にキャンセルとなりました。働いてからも他の面接を受ける人に同じことを伝えているのを見たので、その店舗対象者自身のスケジュール管理能力の問題だと私は考えています。

・2回目の面接

こちらからお断りするか考えましたが、誰にでもミスはあるのでひとまず面接に行くことに。持ち物は、履歴書とボールペンと自分の写真(サイズの指定あり)でした。服装は襟付きの私服で行きました。聞かれたことは以下のことです。

 

すき家

週何回といつまで働けますか。

ぶー
TKD

週3回を目指しつつ平均して週2を下回らないよう頑張ります。また、テスト期間中は絶対にシフトに入ることはできません。最初は3か月頑張り、問題なければずっと続けたいです。ご理解お願いいたします。

すき家

深夜帯は入れますか。

ぶー
TKD

27時までなら勤務できますが、基本は24時と考えてほしいです。ほとんど協力できないと思います。また、ほぼ翌日には予定があるので、シフトの大幅な延長はできないことが多いです。

すき家

○○社(履歴書記載の会社)ではどのようなことをしましたか。

ぶー
TKD

こどもの旅行を引率する仕事でしたので、楽しさを伝えられるよう努力しながら、保護者には旅行中のお子様の様子を丁寧に分かりやすく伝えることをしました。すき家で勤務することができれば、マニュアルを重視しながらも、お客様にすき家に来てよかったと思えるサービスをしていきたいと考えています。

すき家

すき家に応募した理由を教えてください。

ぶー
TKD

家から近いからです。またなるべく学生の内に社会を経験しておきたかったからです。

すき家

頑張って働けますか。

ぶー
TKD
はい。頑張って働きたいです。

終始和やかな雰囲気で行われました。1番採用するかどうかは、お店にとって足りないシフトに入れるかだと思います。飲食業なので、派手な服装や清潔感が感じられない髪型などはマイナス評価もしくは直してもらうよう指摘が入ると思います。これらの面接や規則や労働条件の説明の時間も勤務時間として扱われ給与が支払われました。ブラックのイメージしかもっていなかったので驚きでした。

・初回勤務時

ベテラン店員の方からメニューを眺めといて言われ、私自身が知らないメニューはないか確認しました。その後ハンディーの使い方の説明を受け、お1人様の注文から伺うというすき家スタッフとしての生活がはじまりました。

・すき家勤務の日々

1回のシフトで3~6時間ほど働きました。ホールでの仕事を完璧にできるようになり、キッチンの仕事をある程度できるようになりました。

すき家で働く人へのアドバイス

・すき家で学んだこと

  • 生き方

学生・フリーター・主婦・コンビニの元店長・失業してしまった人などたくさんの方に合うことができました。それぞれの生き方に刺激を受けたのは事実です。学生の内にそれぞれの業界の人に出会えたのは、自分の将来を明確にできると感じました。

  • リーダーシップとは

1年間で5人のマネージャー(店長に近い存在)と知り合い、バイト仲間から気に入られている人、そうでない人もいました。良いリーダーシップを執れている方はバイトの士気も上がりました。今後の職場で多くの人が管理職や何かのリーダーになることがあると思います。どのような振る舞いが大事であるのか学べました。混雑している時に「あと少しだから頑張って」や「いつも頑張ってくれてありがとう」など何気ない一言がとてもうれしかったです。部活や将来職場でこの気持ちを忘れないようにしようと思いました。部活での経験とは少し違うと感じました。

 

  • 企業とは

将来企業をしたいという思いが私にはあり、企業の仕組みや大企業の弊害などを学べたと思います。

  • ホワイトだったこと

実際にとても興味がありました。24時以降のワンオペの禁止は守られていました。深夜帯に人が足りないときにはしっかり店を閉めることもありました。少なくてもバイトでは労務条件が守られていました。

一方1年間で2回ほど閉店作業のため21時終わりが27時終わりに変更されました。同意はありましたが、どちらかというと同意しないで帰るという選択肢が想像つかなかったです。突然のことで驚き、翌日休むことは許されない実習の授業だったので大変でした。私人の立場で以下の写真を撮りました。

  • クレーム対応力

どこにでもクレーマーという部類の人はいます。すき家では暴力はふらないでくれとしか言われていなかったので独自の対応力が身に付きました。意外と役に立つと思うので参考にしてください。

例1:ピッチャーがない

ピッチャーがない、どうなってるんだ、この店は?

 

 

 

ぶー
店員

店長にも言ってるんですけど、認めてくれないんですよ。私もお客様と同じ気持ちなんです。困りますよね。

このような形で、お客様と同じ気持ちであると寄り添りそいつつ、店長という共通の敵を形成し、お客様の怒りの先を方向転換します。このようにすると、多くのお客様が納得し丸く収まります。
バイトの経験は大事・すき家は意外とホワイト(社員は大変そう)
皆さんの楽しい学生生活の一助になればよいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました