偏差値35から医学科に合格した医学生の日常

医学部生の日常
スポンサーリンク

何かと忙しいと言われる医学生の日常を紹介します。
といっても、僕は医学生のアブノーマルでーす。
多くの医学生に当てはまらない場合もありまーす。

医学生の日常(平日版)

最初は一生忘れることがないであろう日のことから振り返ります。

僕の授業の出席率はなーんと99%です。

出席不良者とは程遠い学生らしくみえますが、実は留年候補生でした。

なんと絶対に休んではならない実習を欠席してしまうことに

目覚ましをかけ忘れてしまい、疲れから起きることもできず、起きた時には10時。すでに一汗かいて

ます。当時こんな感じでした。

ひとまずシラバスを見て出席率9割以上を今回は満たすことを確認。

一安心してスマホを見ると着信の嵐。友達って、本当に感謝です。ごめんなさい、寝てました。

こんなことを2度も繰り返してしまいました。こんな日もあります。一発留年があるのが

医学部の恐ろしいところです。

 

ここからは本当の普通の日について書いてきます。

僕の大学ではいわゆる普通の講義の出席率は7割が平均だと思います。なんだかんだ出席する人が多

いです。実情は出席した生徒全員が講義を集中して聞いてるとは、僕の目がおかしくない限り思いま

せん。試験に追われる医学生の唯一の休みの場なのかもしれません・・・期待していた方すみませ

ん。どの学部でも同じだと思います。

 

私は大体授業の10~15分前に起きて顔を洗い、着替えてひとまず学校に向かいます。いつも授業の始

まる1~3分前に着席します。医学科ではほとんどの大学で1限から授業があるのが当然なのです。

いわゆる全休などは、年に1~2回しかありません。全休があるときは、みんなシラバスを見て生活

をしてるわけではないので、数日前にうわさが広まり、みんな元気になります。友達同士で遊びに行

く予定をたてたり、部活があるとか愚痴を言ってる人、授業別にいつでもやすめるじゃん みたいな

冷静な人、反応は多種多様です。

話を戻します。1限が終わると休み時間にコンビニに行き、気分によって軽い食事を急いでとりま

す。授業中は基本食事禁止、飲み物は大丈夫という先生が多いです。午前中の授業を受け終わり、友

達と学食や近くの飲食店に行きます。1日で1番楽しい時かもしれません。食後はコンビニでカフェ

インチャージを済ませ、午後の授業を受けます。少々眠いですが、我慢です。

 

午後の授業が終わると、ここからは自由時間です。それぞれ、バイト、部活、帰宅という感じです。

普段は一般的な高校生と同じイメージが1番しっくりくると思います。そのため1年中写真のように

なることはありません。必要最低限の人権は、保障されています。

医学生の日常(休日版)

私は大学でも1,2位を争う忙しい部活に入っています。そのため、土日の両日が何もないということは

まずありません。これを聞いてがっかりするようなことはありません。色々な部活があり、土日には

部活がない部活もあります。大学に入学してどのような休日を送りたいか考えて入部してください。

私の場合、部活のある日は午前はゆっくりし午後から部活という流れが多いです。部活が終わると、

先輩がご飯に連れて行ってくれたりします。家に帰宅するのは21時前後になります。その後、お風呂

に入り、寝るまでは自由時間を過ごします。疲れているので、ネットを見たり、友達と話したり、ま

ったりして寝ます。

部活のない日は、とにかく寝ています。私はやりたいことが多いため予定を詰め込みまくります。そ

のため1日空いた日の記憶があまりないです。そのような点で私はアブノーマルな気がします。眠り

から覚めたら、近くのスタバに行ったり、スマホをいじったり、のんびりしていたと思います。ひと

たび数日でも連続して休みが取れると海外に出かけてしまうので、これが休日の過ごし方かもしれま

せん。とても贅沢に感じるかもしれませんが、LCC+空港or機内泊の弾丸トラベルばっかりです。そ

のため、休日が少なくなるのですが、とても充実しています。

友達によっては、休日はゲームをしたり、飲み会に行ったりというTHE大学生みたいな生活も送るこ

ことができます。

まとめると、どの部活に入るかによって休日の過ごし方が決まります。友達とたくさん飲み会をした

いという人も部活のメンバーと飲むことも多くなります。多くの人にとって大学生活は人生で1回限

りだと思います。ぜひ有意義なものにしてください!!

 

これまでの内容をまとめると

平日の授業はこれ以上削れない、頑張るしかない。放課後にバイトすること、まったりすることも可能

休日は、部活によって

コメント

タイトルとURLをコピーしました