医学部面接で大失敗 それでも合格 対策法と考え方

面接 緊張 医学部生の日常
スポンサーリンク
ぶー
TKD

二次試験失敗への不安や失敗してしまって不安な人いますよね。

二次試験に対してベストを尽くせなかったり不安な人、実態を知りたい人にオススメする記事です。

この記事を読んで様々な境遇の人も面接の意味を正しく理解すれば自信になります。

私自身二次試験を複数回受けその経験、入学後面接官の感想から分かってきたことを皆さんに紹介できればと思います。医学部予備校の宣伝が前提で関係者ではないが専門家をなのる話とは質が異なります。

記事の信頼性
私自身現役医学生です。そのため他の学生も含めた実際に医学部に合格した面接体験と面接を担当した先生との話をもとに記事を作成しています。

面接の失敗は気にするな!!

面接 失敗

私自身少なくても1回は受験生ならしてはいけないミスをしてしまいました。

ぶー
TKD

ノックもしないで入室してしまったのです。

ノックは面接のマナーの基本中の基本ですよね。

そもそもスーツを面接日の2日前に買いに行くような自分でした。なぜかと言いますと、基本的には二次試験が合否に与える影響は1次試験ほどではなく軽微だと感じているからです。そのため面接の対策をほとんどしていませんでした。

もちろんこのようなミスをしたくない人は面接対策を繰り返してもよいと思いますが、結論から言うと、一次試験優先で大丈夫です。

同じ大学の面接でノックに加えて下記のミスに近いこともしています。

面接官

英語の点数良かったみたいだね。英語得意なの?

ぶー
TKD

得意ではないです。いや分からないです。しかし、点数が良かったのは嬉しいです。

面接官

英語部みたいだけどどうだった?

ぶー
TKD

足を引っ張らないよう頑張りました。スピーキングは得意です。

正直にしゃべりすぎですよね。

もう少し飾って話してもよいのですが、ありのままに話してしまいました。

仮に英語が苦手でもどのように頑張ったかなど、得意であれば大学でどのように活かしたいかなどを説明できればベストです。

他の学生においてもやや的外れな回答体験がありました。

パソコンが好きなようですが、どんなソフトで遊ぶのですか。

wordをよく利用します。

この人の例では、入学後担当面接官に突っ込まれていました。面接官も想定外の回答に驚いたようです。

パソコンを使ってプログラミングなどをする友達なので、このことをアピールした方が良いと思うのですが、まさかの誰でも使えるwordと回答。もちろん、wordでプログラミングのコードを書いたりできますが、しっかり説明しないと伝わらないですよね・・・

面接官は何を見ているの?

就職面接の側面もあるが、あくまでも医師への適正確認の面接だよ。

就職での面接でノックをしないで入室してしまえば、大幅な減点は確定すると思います。

しかし、医学部の二次試験は、就活生に比べて面接マナーはタイトに見られていないのが多くの大学での実情だと思います。

医学部の面接で重視しているのは

・コミュニケーションがとれるか
・6年間の厳しい学生生活を乗り越えられるか
・一緒に働きたいと思えるか

だと先生と話をして感じます。実際に同様のことを話されます。違う大学でも手法が異なるだけで本質となる部分は変わらないと思います。

もちろん最低限の常識やマナーは必要ですが、多くの人はすでにあると思います。

コミュニケーションに関しても、聞かれたことに適切に答えることが大切で、特に物凄く飾って、心に響くようなセリフを言う必要はないと思います。自分の伝えたいことを整理して、伝えるだけで十分だと思います。

次に6年間の学生生活に関してです。近年の医学部で問題になっているのは留年です。留年が増えている理由にメンタル不良があると思います。

ある基準を超えた学力があれば誰でも頭脳面では進級できるとは思います。しかし、プレッシャーや暗記分量の多さへの絶望感、特有の村社会などでメンタルが崩壊しかけると残念ながら留年となる人が多数います。

1回の留年がさらに孤立する原因になり、また留年をよぶのです。

このようにならないためにも、コミュニケーションとメンタル面が大事になるのです。

最後に1番大事なのは一緒に働きたいかと思うかです。

将来の同僚になる可能性があります。また受験生は質問になるべくベストな回答をするよう努力しますが、別の視点で評価されていることが往々にしてあります。下記の記事で詳しく書いているので確認ください。

 

面接で落ち込んだり、不安になったりする気持ちは分かるが、失敗してもしなくても合格する時は合格しますし、不合格の時は何をしても不合格です。すばやく切り替えることも大事な能力の1つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました