1年に2ヶ月も海外に行く私が紹介する格安航空券購入マニュアル

旅行
スポンサーリンク

何かと忙しい医学生ですが、1年間の内2ヶ月を海外で過ごします。(過ごす予定でした・・・)

海外旅行というとお金がかかると思いがちですが、意外と安く行けます。すき家と塾のバイトのみでなぜたくさんの国に行けるか今日は紹介します。

2019年4月~2020年3月までの間に

イギリス
フランス
オーストラリア
韓国
ラトビア
リトアニア
エストニア
フィンランド
ロシア
ベトナム
カンボジア
タイ
アメリカ   ←コロナで中止
ペルー    ←コロナで中止
ラパス    ←コロナで中止
チリ     ←コロナで中止
アルゼンチン ←コロナで中止
ブラジル   ←コロナで中止

の18ヵ国に行った、もしくは行く予定でした。この旅費の多くを占めるのが飛行機代です。そのため

いかに飛行機代を安くするかがポイントです。最初に飛行機代がどのように決定されるかについて説

明していきます。

航空券代の決まり方
ほとんどの航空会社で採用されているシステムが、過去の履歴に基づく需要予測からなるべく満席に
なるように値段を決めます。そこには、曜日、レジャー路線、ビジネス路線、着陸料、他社競合数などが複雑に絡み合い価格が決まると言われています。
レジャー路線であれば、観光に行く予定は日程的余裕をもって決める人が多いことや旅行会社からの空席の返却が2週間前にあり、直前で空席が多ければ、価格が下がることが期待できます。
ビジネス路線では、急に出張が入る場合も多く値段を高くしておいても購入される可能性やもともと変更可能な単価の高い航空券が多く販売されている可能性が高く、価格が下がる可能性は少ないと考えられます。
着陸料の影響もあると考えられますが、特に大手の場合これらの影響はあまり受けていないと思われます。もちろん需要が高ければ、着陸料も高くなるので切り離して考えることが適切だとは思いませんが、概算として着陸料の差額を1人当たり航空券代の値段にいくら反映されるか確認してみます。
例えばB787が国際線として日本の主要空港に着陸した場合の着陸料を見てみましょう。
羽田空港  :576000円
関西国際空港:399000円
成田空港  :325500円
B787-9の定員は290人です。
羽田空港と成田空港の差額は250500円であるので1人あたりの差額は864円です。
両空港の差額は平均1万円ほどあります。
結果として運賃に影響する割合は軽微だと考えられます。
他社競合数について考えていきます。
AからBへ移動する場合を見ていきます。
α航空: A空港⇔B空港     直行便
β航空: A空港⇔C空港⇔B空港  経由便
1番競争力があるのはα航空の直行便です。フライト時間が短く乗り継ぎの負担も少ないからです。その代わり運賃も高く設定されています。
β航空としてはC空港へのフライトで埋まらない分を埋めるためやライバルα航空からお客さんを奪うためにA空港からB空港への料金を安くします。一方、AーC空港間・B-C空港間のみの運賃は高く設定していることが多いです。
このように多種多様な要因によって運賃が決められると考えられています。
ぶー

運賃の決まり方がわかったので

次になるべく安い航空券の探し方を説明していきます。

安く購入する方法を難易度順で紹介します。

出発を広い範囲で検索する

首都圏には羽田空港と成田空港が東京への玄関口ですが、1つの空港に絞って検索すると、別の空港から販売されている安い航空券を逃してしまいます。また、郊外の空港が利用できるか検討します。首都圏ですと、茨城空港などが該当します。
免税店などに興味がなければ路線数は少ないですが郊外の空港の利用をオススメします。

成田空港や羽田空港を利用するだけで、地方空港に比べて高い利用料や駐車場代を払うことになります。航空券代の値段は変わらなくても1人当たり数千円変わることもあります。またピークシーズンの航空券の価格では特に主要空港に比べて空席率や値段が有利になることが多いです。また、道路混雑に巻き込まれない確率も高くなります。
出発空港を決めるのは駐車場代や空港までの交通費を含めて考えよう
LCCの利用を検討する

LCCのイメージといえば、狭い、サービスが有料などと思いつくのではないででしょうか。預入荷物・飲み物・機内食などが有料であることが多いですが、狭さ(快適性)は会社によってかなり異なります。

オーストラリア国内線(エアーズロック→シドニー)のジェットスターの座席間隔

*エアアジアは写真を撮るの忘れちゃいました。  許してください

 

ベトジェット国際線(成田→ハノイ)の座席間隔

ジェットスターより広いように見えますが中距離路線(6~7時間)でしたので結構大変でした。部活のため徹夜で搭乗したので爆睡でしたが・・・

私自身、ジェットスター・エアアジア・ベトジェットに合計5回搭乗していますが、中でもエアアジアはかなり快適でした。シートピッチはJALの新間隔エコノミーには及びませんが、外資系のフルサービス航空会社と同等です(機材によります)。

ジェットスターはオーストラリア国内線の搭乗でしたので、エアアジアの中距離国際線に比べ狭かったですが、苦痛ではなかったです。

ベトジェットに搭乗した際は、あまりの狭さに不快感を覚えました。ベトジェットはセールも頻繁に行っており安いのは事実ですが多少の出費でエアアジアに乗れるのであればエアアジアをオススメします。

このように快適性で評判のエアアジアやスクートなどのLCCであれば値段と快適性を両立できます。

マイルや預入荷物が多く搭乗日がまだ先である場合はフルサービスキャリアを選択した方が安い場合もあります。
海外発券を検討する

大都市に住んでいる方にも十分オススメですが、地方在住の方に特にオススメです。地方空港から搭乗される方は、羽田空港などで乗り継ぎをすると思いますが、それを他国の空港ですると時期によっては半額以上になります。

なぜなら上記の空港からの航空券はとても安いからです。仁川国際空港は特にヨーロッパの路線で、中国の空港ではアメリカへの路線で値段が下がっています。その時は、日本の空港―仁川国際空港・仁川国際空港―目的地の2つに分けて購入する必要があります。しかし、飛行機が遅れて乗り継ぎできないと後続の飛行機に変更することはできず、再度購入することになる場合があります。

上記は上海からロサンゼルスまでの航空券の価格ですが、経由便なら3万3000円ほどでも購入可能でした。上記のチケットに最寄の空港から上海までの航空券は2万円程度で購入できますので5~6万で上海とロサンゼルスを観光することができるのです。日本からの直行便ですと10万前後します。

また、ヨーロッパへの旅行は複数都市検索モードで仁川国際空港ーヨーロッパの目的地・ヨーロッパの目的地-日本で検索することで航空券を安く購入できます。

注意事項が他にもありますので別の記事でまとめる予定です。必ずその記事を確認ください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました