【無料でできる】オンライン授業・リモートワークのギガ不足解消法

医学部生の日常
スポンサーリンク

大学をはじめ一部の学校ではオンライン授業が始まり、一部の企業ではリモートワークが始まり、多くの人がインターネット環境に問題を抱えているのではないでしょうか。家計の負担が大きくなったという報告が上がっています。

私自身、大学のオンライン授業でYouTubeとZoomを使ったり、レジメなどの資料をダウンロードしたりと通信量が急増です。自宅に光回線がない私にとってオンライン授業が決定され学校から40GBは最低用意してほしいと言われたときは、どうしようかと感じました。

結論から言うと、私の場合BIGLOBEのエンタメフリーと楽天モバイルのサービスを使い乗り切っています。それぞれ事情は異なると思うので解決策を紹介していきます。

1:BIGLOBE SIMを契約する

大学によってはYouTubeライブという機能を用いて講義を配信したり、YouTubeを用いて録画した講義を配信していると思います。YouTubeを使うと通常多くの通信量を消費してしまいます。多くの授業がYouTubeを通して行われる場合、BIGLOBE Mobile が提供しているエンタメフリーというオプションを申し込むことで動画配信による通信量を0にすることができます。

・エンタメフリーとは

全21種類のデーター使用量がカウントフリーになるのです。21種類とは何か見ていきましょう。

動画 (動画視聴のみ)YouTube  AbemaTV  U-NEXT  YouTube Kids

音楽 (音楽再生のみ)Google Play Music  YouTube Music  Apple Music  Spotify           AWA  Amazon Music  LINE MUSIC  dヒッツ  RecMusic           楽天ミュージック

ラジオ (ラジオ聴取のみ)radiko  らじる★らじる

電子書籍配信 (閲覧・ダウンロードのみ)dマガジン  dブック  楽天マガジンNEW  楽天Kobo

その他のアプリFacebook Messenger

YouTubeをはじめ皆さんが1度はつかったことがあるアプリがおおいのではないでしょうか。通信量をたくさん使うサービスと言えばYouTubeやAbema TVがあります。普段から利用する人であればなおさらオススメします。

・料金

音声SIMの場合480円(税別)・データSIMの場合980円(税別)
※オプションのみの契約はできません。
が通常料金ですが、キャンペーン中のため

エンタメフリー・オプションが最大6か月無料となります。

また、音声通話SIM3GBのプラン月額料金が半年間0円となります。携帯会社の乗り換えを計画している方、YouTubeをたくさん使う人にとてもオススメします。

現段階で実質無料で始めることができ、サービスを気に入った場合継続してメインSIMとして利用することまで十分視野に入ってくるサービスです。

 

・デメリット

エンタメフリーは専用の帯域を使用サービスで私自身が使用したところYouTubeの動画閲覧の画質は、最大480p、継続的な閲覧では360pとなります。スマホで授業を受ける場合は十分な画質と感じますが、パソコンなどの大きな画面で見る場合は粗さを感じる画質です。

2:楽天モバイルを契約する

オンライン授業もリモートワークにおいてYouTubeだけではなく、Zoomやスカイプなどエンタメフリーの対象とならないサービスもたくさん使うという人にオススメするのが楽天モバイルです。

楽天モバイルは4月8日にサービスが開始された第四のキャリアになります。新しいサービスは不安という方や自社回線のエリアに住んでないという方の声が聞こえてきますが、au回線に最大1Mbpsの通信速度で通信し放題できるので、エリアなどは気にせずau回線で通信し放題と考えていただいて大丈夫です。

楽天モバイルについて詳しく書いた記事もお読みください。

 

通信速度が最大1Mbpsで動画やその他サービスが利用できるのかという疑問ですが、YouTubeに関しては他の記事でまとめてあります。確認下さい。

私の大学ではZoomを用いた授業も展開しています。今回はZoomを1Mbpsの制限下で使用した感想を紹介していきます。

使用環境:楽天モバイルをPCにテザリングして利用
午前11時30分前後から40分間

上記の環境で40分間実際に利用しましたが、私の場合画像が乱れたり音声が飛んだりはしなかったです。利用しているときは不安でしたが、しっかりコミュニケーションを画面を通じてとることができました。会議やゼミなどで十分利用できると思います。

しかし、上記の検証とは別の時に授業でYouTubeライブも併用して使う機会がありました。この場合はYouTubeの画質が落ちてしまったり、読み込みのため映像が停止してしまったのでこのような使い方をする場合はオススメしません。

・デメリット

楽天モバイルでは1年間プラン料金を300万人前後対象に無料としていますが、専用端末を利用する必要があります。現状端末をお持ちでない方で新品の端末を用意するとなると、2~3万かかることになります。1年間利用した場合、端末と通信費で最大月2500円前後かかることになります。もちろん新しい端末があらたにくることにはなりますが、追加の出費がかかってしまいます。

3:try wimaxを利用してみる

このサービスはWiMAXを検討する方向けに用意されたもので、完全無料で最大2週間利用できます。私自身も複数回利用したことがあり支出もなくしつこい複数回にわたるような勧誘もありませんでした。Try Wimaxの基本情報についてまとめてみます。

・料金
完全無料
自宅に専用端末が送られて、使用後定められた宅配会社で返却し終わりです。
一切の支出はありません。(破損や紛失などは別途定められた費用支払う必要があります。)
クレジットカードはお申し込み手続き完了後、ショッピング利用枠を一時的に機器購入代金相当額分確保するために利用。

・貸し出しに必要なもの条件
契約者様のクレジットカード・連絡用メールアドレス・SMS対応の電話番号orキャリアメールアドレス の3点が必要です。デビットカードは使えません。

・申し込み条件
過去180日の間に利用履歴や未返却履歴のない人
20歳以上の方
日本国内に在住している方

・使用感想
まず完全無料で利用でき、かつしつこい勧誘もなく、1回目の利用時に電話がかかってきた以外は、メールのアンケートのみでとても手軽でよかった。また申し込みから機器到着まで早くて驚いた。通信速度も速くYouTubeを高画質で契約容量を気にせず使えるのは良かったです。
・デメリット
無料のサービスのため2週間しか利用できず、実際に利用できる期間は実質10日間前後となります。そのため、月末にちょっとギガが足りないという緊急用にしか使えず、1度申し込むと180日は利用できません。家族が多い方には良いかもしれません。サービスを体験後、申し込むのもいいかと思います。

 

25歳以下の三大キャリア利用者や一部の格安シムの対象者には、期限付きですが通信量の追加が無料で行われています。これらの措置もぜひ確認ください。

最後に本業はオンライン塾講師をしています。お子様がいらっしゃる方はこちらも確認ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました