医学部に入学して大変なこと 厳選3選

医学部 大変 医学部生の日常
スポンサーリンク

こんにちは。TKDです。

医学部に合格できた時は喜びでいっぱいでしたが、今までに大変だと思ったこともたくさんあります。

これから医学部に入学する方、医学部進学に興味のある人に向けて実態をありのままに伝えたいと思います。

記事の信頼性
現役の医学生で、ブログを書きながら学生生活を送っています。自分自身が入学して思ったことや心境の変化を伝えます。
この記事の前提として、医学部は6年間通学する必要があります。私自身入学時死んだような顔をしている上級生を見て、同級生とあんな感じには絶対になりたくないねと話していました。そんな私ですが、どのようになるでしょうか・・・

テスト前が忙しすぎる

医学部は忙しいなどと言われますが、テスト前を除けば余裕はあります。

一方でテスト前は朝から晩まで勉強することになり、建物から出たら外はすでに真っ暗ということはよくあります。

また留年をかけた再試期間は忙しいだけでなく、物凄いプレッシャーがかかります。私自身勉強時間を確保したいあまり食事する時間がないため友達がデリバリーしてくれるほど追い込まれます。勉強するのはまだいいのですが、プレッシャーからくるストレスは嬉しいものではありません。

テスト後の後に配布されたアンケートにテストの意味を問う設問があり、選択肢の1つにストレス対処能力を上げるとありました。ストレス対処能力ではなく、ストレスがかかりにくい日程や配慮が欲しいです。

一方、研修医になった先生方を見ていると激太りされた方もおられるので、研修医はもっと大変なのだろうと思っています。

勝手なイメージはやめてほしい

医学生のイメージは何でしょうか?

頭がよさそうや変人やチャラいなどでしょうか・・・

上記の3つの中で1番困るのが頭がよさそうというイメージを持った方がバイト先に上司としていると意外と困ります。

今までに3社のバイトを経験していますが、医学生なのに○○なんてと言われちゃったりします。今までで印象に残った理不尽な指導を紹介します。

  • 皿洗いの速度が遅い

かりに遅かったとしても、もっと頑張ってと伝えてもらえればよいのですが、ある上司は医学生なのに皿洗いが遅いと言ってきたのです。

医学生は全体的に効率の良い人は多いと思いますが、皿洗いの速度は他の方より素早くできるとは思いません。人と大きく差をつけることができない作業に医学生というワードを入れないでほしいですね。今では話のネタになります。

  • 空きコマにバイト来てよと言われる

そもそも空きコマなどほとんどありません。あっても1年生に大学によってはあるという程度です。高校の時間割をイメージしてもらえれば分かりやすいです。

他学部のように全休があるなど、夢のまた夢です。半日休みがあるだけで、嬉しく外に遊びに行っちゃいます。

  • マウント

あまりにも性格が悪い人にあたると面倒なこともあります。過去の学歴などでマウントをとってくる上司がいました。聞くところによると医学部に入学できなかった過去があるようです。

社会人から医学生になる方も最近は多いので、マウントをとる時間があれば、チャレンジすればよいのにと思います。

部活がだるい

医学生は多くの人が部活に参加します。

新歓期間に部活は絶対必要というありがたい教えがはじまります。

個人的には所属していた方がよいくらいにしか思っていませんが、このような理由で8割以上が運動部に入部します。

一方部活には以下のような問題も存在します。

  • 勉強量と部活の日数がアンバランス
  • 過剰な上下関係(軽ーいパワハラ)
  • 費用がかかりすぎ
勉強量と部活の日数がアンバランス

テスト2日前に部活があることも。入部時の情報はテスト1週間前からは活動がないことが記載されていましたが、現実は違いました。勉強量も多くテスト前に部活があることは物理的に時間が削られることよりも精神的に良くないと思います。

どんなときも、集中して何かに取り組まないといけない期間はあります。
両立をできる人はいると思いますが、苦しそうな後輩を見ると、チームとしては1番両立が苦手な人にあわせても良いと思います。

私は部活に入ることを進めますが、部活の実態を正しく理解することが大切です。

 

過剰な上下関係(軽ーいパワハラも)
社会問題としてパワハラの撲滅が叫ばれている世の中で、医学部も例外ではありません。しかし、上下関係は他学部よりしっかりあります。
医療の現場では上級医から技術を教えてもらうことで医師として成長していくことになります。
多くの人が臨床医になる医学部においても、上記の環境の流れをくみ、古い時代と感じる扱いを感じることがあります。
私自身、部活の先輩の対応に悩む時期もありました。先輩方もこのような道を通られたのだと思いますが、現代でこれ以上後輩に同じような思いをさせても何も良いことはないと思います。
結構シビアなことを書いていますが、多くの人は普通の良い先輩です。過剰に心配なさらないでください。
費用がかかりすぎ
運動部ですと、国体に次ぐ規模である西医体もしくは東医体が年に1回開催されます。大会に参加するのに、費用がかかる部活ですと10万をこえる場合もあります。
他にも新歓などで盛大にやる部活は10万円程度かけている部活もあるようです。
年間30~50万程かかる部活もあると聞いており、新入生はしっかり先輩に聞き込みをした方が良いです。
医学部に入学して嬉しかったこともあります。ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました